ダイエットのポイントはやっぱり食事!徹底管理を行うべし

ダイエットといえばきつい食事制限が頭に浮かびますよね。

私も色んな食事制限を試してきました。炭水化物抜き、バナナダイエットなどなど、言い出したらきりがありません。

そんな中でこれだ!と見つけたことがあります。

それは単純、食べたものの栄養価を知る、でした。

みなさんは自分が口にしているものの栄養価を把握しながら食事していますか?

私はしていませんでした。

そんなときにとある一つの雑誌の見出しを目にしました。

それはコンビニ飯の栄養価一覧表と書かれた一文だったのですが、そのとき疑問に思ったのです。

カロリーは気にするけど、中身まで気にしたことないなぁと。

炭水化物ダイエットなんかは、炭水化物を抜くことによって糖質の摂取を制限し、糖質が脂肪に変化することを抑えることが目的です。

そんな風に脂肪となりえる炭水化物や脂質をどのくらい日々摂取しているのか不明のまま、ただカロリーだけで食事制限なんて効率が悪いんではなかと思うようになりました。

カロリーが低くても、糖質や脂質の割合が高いものは多くあります。

逆にカロリーは普通でも、脂質は1gを切っているものもあります。

そんな感じで中身を知ることで食事の幅が変わるのではないかと思いついたのです。

こが大当たり!例えば、一見カロリーの低そうな春雨スープですが、あれはかなり炭水化物が多く含まれています。

野菜も、根菜類は炭水化物が多かったり、ヘルシーそうなサンドイッチも脂質が多くなっていたり、今までカロリーに騙されていたものが多くありました。

個人差はありますが、女性の一日に必ず消費されるカロリーは平均1200kcal前後です。

これに日常的な階段の上り下りや歩いて消費されるカロリーなどの日常的消費カロリー、運動をしている人であればよりプラスのカロリーが消費されます。

そう考えると、カロリーは意外と摂取可能な印象です。

カロリーを気にするよりも、脂質・炭水化物の量を考えながら食物を摂ることがダイエットへの近道といえるでしょう。

炭水化物や脂質も0が良いわけではなく、人の身体を動かす上では欠かせない栄養素なので自分の最低必要量を把握し、その中で摂取を心がけると健康にダイエットできます。

私は脂質は一日10g以内、炭水化物は一日100g以内と決めています。

玄米だと一食160g、お茶碗1杯に炭水化物55gなので朝・昼は普通に食べています。

運動をする日は運動で消費されるので夜も100g程食べるときもあります。

この方法を始めてからはちゃんと体重も減りましたし、無駄な脂肪がつかなくなったように感じます。

今はアプリなどで簡単に栄養価の検索や管理ができるので、そんなに難しいことでもないと思います!

ぜひ試してみてください♪